忍者ブログ
心に残った日常を一枚の写真に。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


LEICA MP

今回の旅行では、ケチ臭いことは言わずに
「かかる費用はしょうがないじゃないか。」という
スタンスで旅行に行きました。


行ったところは霧ヶ峰近くの湖畔にある某ファミリー施設(笑)。
ここのプールに入って、初めて家族でボーリングをやりました。
子どもも楽しめていい思い出になりました。



しかし、観光地価格とでも言うのでしょうか、
料金が高い!
目が飛び出て、財布は非常に軽くなりました(泣)。

地元のプールなんて、何時間いたって無料だよ、無料・・・。
ぶつぶつ・・・。
PR

LEICA MP 高山寺

今日から信州へ避暑に行って参ります。

というと聞こえは良いのですが、単なる毎度の帰省です(笑)。


帰るといつも思うのは空気がきれいだということ。
実家は別に高原に位置しているわけでもないですが、
家の中から庭をながめても、何だか違うんですよね。
空気の透明度が少し違う気がする。
気のせいかもしれませんけど(笑)。


その様なわけで16日(木)か、17日(金)に帰ってきます。
写真もたくさん撮ってくるつもりです。
今回は家族旅行なのでこの間の京都旅行のように
自由気ままに、というわけにはいきませんがね(笑)。


それではみなさん、行ってきます。


LEICA MP



LEICA MP


お気に入りの喫茶店が2件、まあ近いとは言えませんが
比較的すぐ行ける距離にあります。
1件はログハウスでジャズやクラッシックの流れる店、
もう1件は古民家風でシックな店です。
どちらもコーヒーにこだわりのある店で、
頻繁には行けませんが、行くと本当に「ほっ。」と
落ち着ける店です。


今日は焼津市まで行く用事があったのですが、
たまたま入った喫茶店が大当たりでした。

中はうーん、何というのでしょう。
アメリカンと言えばいいのかな。
前述した2件とは趣が180度違う店です(笑)。
でも、これはこれで好きです。
焼津に行ったらきっと寄ることになりそうです。

LEICA MP



LEICA MP


40歳の誕生日を先日迎えました。
いざその日を迎えてみると、
30代と40代の違いが非常に大きいことを実感しました(泣)。
ま、そうは言っても前の日の自分と何ら変わらないんですけどね。


この歳になると徐々に色々なことが見えてくるわけですが、
例えば、「生きること」の意味。
生きることは、「自分を磨く行為の連続」なのだろうなぁと考えます。

しかし、そう思っていても一方でうまく生きられず、
磨くどころか曇らせてしまう自分もおり、
生きるということは実に難しいことだ・・・と思います。


「不惑」=「まどわないこと」
迷いばかりの今日この頃です(苦笑)



LEICA MP



LEICA MP

今日もある著名な方の講演を聴きました。
だが、一部寝た(笑)。
ウイットに富んでいて終始笑いが絶えない講演でしたが、
今の私には今イチ響いて来ませんでした。
内容は悪くはないと思いました。
しかし受け手である私の心とリンクしなかったということです。


しかし、1時間半も聴衆を飽きさせずに話をするというのは
なかなかできないことですね。
何百人もの人がいて、性格や好み、育ちも違うわけですから
長時間耳を傾かせるというのは、やはり凄い。

LEICA MP



LEICA MP


おお、人が写ってる(笑)。


今日は以前から行ってみたかった喫茶店に
夕方行ってみました。
古民家調の建物で、中もおしゃれ。
カメラを持っていれば、きっと
コーヒーが冷めるのもお構いなしに
あちこち撮っていたことでしょう(笑)。

職場の人と数人で行ったのですが、
「たまにはこういう時間も必要だね。」
と、みんな同じ意見で、小1時間でしたが
全員が癒されたようです。

こんな余裕が毎日とは言わないまでも、
週一、いえ、月一でも持ちたいものです。

LEICA MP



LEICA MP  二寧坂にて


先日、雲の上の存在であるとても偉い方の
講演を聴く機会がありました。
始めは、
「堅そうな話かもしれないなぁ。」
と、あまり積極的ではありませんでした。


ところが全く時間が気にならず、あっという間の1時間半でした。

その方は意図的に笑いを誘うような話しぶりではなかったのですが、
いつの間にか話しに引き込まれてしまいました。
それは、
人間として一級である人の語りであるが故に、
威厳、温かみといったその人間性に
惹きつけられたのではないかと思います。

周りの人の感想も
「ここ最近で聴いた講演の中で一番良かった!」
という声が多かったのも印象的でした。
私はというと、
「あれ、あれ?泣ける話じゃないのに、なんでおれは
 目がうるうるしてるんだろう?」
と思ったくらいで(笑)、何だか勇気とか、希望とか、
そういった類の感情を抱かせていただきました。

また、雲の上の存在だったその方との距離が少し
縮まった気がしてうれしく思いました。



さて、今朝のことです。
何気なくつけたテレビで「夜回り先生」こと、
水谷修さんが高校生に講演をしているシーンが
映されていました。
番組の終わりの10分弱、水谷さんの話を聴いたのですが、
・・・・・泣けました!
穏やかに、そして時に力強く諭すような語りは
ぐんぐん心に響いてきて、泣けました・・・。


今週、奇しくもその水谷さんの講演を聴く予定でいます。
きっと、自分の肥やしとなるような極上の話が
聞けることでしょう!





LEICA MP



LEICA MP

写真を見る限り人の気配は感じられませんが、
朝早くパチリパチリやりながら路地を通っていくと、
私にとって別世界のこの場所にも
「生活はあるのだな。」と
当たり前ですが感じました。


新聞を取りに玄関まで出る人、洗濯物を干す人。
朝ご飯の仕度でしょうか?開けられた窓を通して
朝の様子が伝わる音が聞こえてきました。


LEICA MP



LEICA MP

ある方(仮にAさんとしましょう)から聞いた話なんですが、Aさんは
体調が悪かったりすると、いつも針をお願いする鍼灸師さんが
いらっしゃるそうです。


ある時Aさんは鎖骨を骨折してうまく体を動かせない状態が
あったそうなんですが、ある日その鍼灸師さんの所へ伺ったそうです。


鍼灸師さんにお会いした時、その鍼灸師さんは開口一番
「お疲れのようですね。」とおっしゃったそうです。

その鍼灸師さんは全盲なので、当然こちらの様子が全く
わからないはずなのです。

少々驚いたAさんでしたが、気にせず治療を受けたそうです。
しかしそんな状況ですので、肩がうまく動かせなかったそうです。
寝返りを打とうとした時鍼灸師さんは、
「急がずゆっくりでいいですよ。」と
Aさんの様子を見ているかのようにおっしゃったそうです。


Aさんが不思議に思って聞いてみると、目は見えないが「感覚」で
様子がわかるんだそうです。


本当だとしたら(いや、本当なんでしょうけれど)人間の能力というのは
凄いですね。


「体の一部の機能が使えなくなることで別の感覚が鋭く発達した」のかも
しれません。
だとしたら、もともと一人ひとりにそのような能力が備わっていると
言えるかもしれません。

ただ、私も含め、あまりにも楽な生活に慣れきっている人たちのそういった
能力は、ほとんど使われず退化させてしまうだけなのでしょうね。

LEICA MP  石塀小路



LEICA MP 退蔵寺


今回、人のアップは無理だとしても、風景の一部として
人を入れて撮ってみたいなと考えていました。
一番の撮影ポイントとして考えていたのは、
二年坂や石塀小路でした。
ちょうど宿について夕食までに1時間半ほど
時間があったので、ここで撮影に行けると考えていたのです。


しかし、ご存じの通り、初日は頭痛でダウン。夜になって行ってみるも
すでに真っ暗・・・。だ~れもいません(泣)。


次の日の朝、出発までに時間があることに気づき、
急いで再び二年坂へ。
が・・・。



朝6時ちょっと過ぎた頃でしたので、同じくほとんど人はいない・・・。
新聞を配達している人、朝の散歩をしている人などがぽつぽつ
現れるのですが、カメラを向ける勇気もなく・・・。


明日から「誰もいない京都」の写真が続きます(苦笑)。

LEICA MP   八坂神社にて


LEICA MP

人生の師であるTさんと久しぶりにお茶をすることができました。
定期的にこういう場を設けたいとお互いに連絡を取り合っているのですが、
なかなかうまくいきません。
ようやく今日実現した次第です。


先日の京都旅行の話からお互いの趣味である写真の事、
過去の話や時事問題、T師匠の息子さんの話など、
あっという間の2時間でした。


以前にもここで書きましたが、
T師匠と話をすると、日々の生活で溜まった心の澱みが
きれいになる感じがします。
お師匠との会話は、実に楽しく有意義でそして示唆に富んでいます。
時が経つのも忘れ話し込んでしまいます。


今度から定例会にしようという話をして別れました。
次回はどんな話が出来るのか今からとても楽しみです。

LEICA MP 八坂神社にて


LEICA MP 高台寺近くにて


今回ライカを持って行き、撮影をしてみて色々なことに
気づかされました。
手っ取り早く言うと、やはりライカを使うに当たってまだまだ
「修行不足」だということです。

普段は主に自然や風景がどうしても主になってしまうので、
絞りをあーでもない、シャッタースピードをこーでもないと、
じっくりやっています。
ある意味、その時間も楽しんでいます。


ところが今回、職場での旅行だったため
皆さんと行動を共にする関係で、いつものように
のんびりと撮ることができない場面が多々ありました。
絞りとシャッタースピードの決定、そしてピント合わせを
素早く出来るようにしたいと色々な場面で思いました。



ストリートスナップで、動きのある「人」を
上手に撮られるライカ使いの諸先輩方が数多くいらっしゃいますが、
本当に尊敬してしまいます。
私もそうなりたいものです。

LEICA MP  退蔵寺にて


昨日京都から帰ってきました。

今回の旅で2つの失敗を犯しました。


1つめは体調を崩したこと。
初日に頭痛が始まり、新幹線で飲んだビール(たった1本ですが)の
酔いのせいだと思っていたのですが一向に治らず、昼過ぎに
ひどくなり川床での夕食はパス。
結局夜まで宿でダウン(泣)。
9時半過ぎにのそのそ起き出して夜の風景を撮りに出かけました。
2日目はまあ、なんとか元に戻ったのですが・・・。
どうやら夏バテだったようです。

2つめの失敗は、感度設定を間違えたこと。
始めにISO160のフィルムを使い、そのままでISO100の
フィルムに変えて最後まで気づかず。
色合いがややどぎつい感じの写真になってしまいました(泣)。


今回フィルム4本(←自分にしては撮った方)を使ったのですが、
なぜかイマイチ達成感がなく、できあがった写真も可もなく不可もなく
といった感じ。
その点はちょっと不完全燃焼でした。


それでも約10年ぶりの京都だったので、とても有意義に過ごしました。
有名店のラーメンも食べられたし(笑)。


しばらく(←あるいはダラダラと 笑)京都の写真が続きます。


LEICA MP



LEICA MP

我が家の暴れん坊将軍たちは、夏休みに入りました。

朝起きると、夏休みのうれしさからか先に起きていた
息子が話しかけてきます。


「パパ、今日自転車乗れるようになったところ、
 見せてあげるよー。」
補助輪無しで乗れるようになったので、うれしいのでしょう。
「うん、だけどねー、パパは夏休みじゃないから
 今日は見られないんだよ。」
「えー、でもいいじゃん!」


でもいいじゃんって言われてもなぁ・・・(汗)。
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
taku
性別:
男性
趣味:
写真
自己紹介:
自由気ままに生きたいという願望と趣味の写真を、ブログ名に込めています。日々感じたことや撮った写真を載せています。




無断転載はご遠慮ください。
最新コメント
[12/13 taku]
[12/13 habitat]
[12/13 taku]
[12/13 Y]
[12/07 taku]
忍者ブログ [PR]