忍者ブログ
心に残った日常を一枚の写真に。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


LEICA MP + C Sonnar 1.5/50 ZM  T*


お店に入るとペコちゃんがお出迎え。
全体としてはアメリカンな雰囲気だけど、
古い振り子時計もたくさんあって
不思議な空間。

こういう喫茶店、減ったなぁ。
PR

LEICA MP + Sonnar 2.8/38 T* MS OPTICAL 改


hirobotさんのコメントから端を発し、コンパクト熱が再発してしまった・・・。
CONTAX T3, LEICA CLが気になる気になる・・・。

LEICA MP + Sonnar 2.8/38 T* MS OPTICAL 改


この写真が昨日書いた甘い描写のもの。

昨日の写真は細部までくっきりと描写しているのに対して、
こちらの写真はわずかですが全体的に眠い描写。
これは今まで幾つか所有したT2全てに見られたので
その個体特有の癖では無さそうです。
あれだけくっきり写るかと思えば、
こんな描写もあって、不思議です。
なんでかなぁ・・・?


LEICA MP + Sonnar 2.8/38 T* MS OPTICAL 改


T2のレンズであるゾナー38mmは、どうもクセがあるように
感じています。
というのは、絞るとかなり細かいところまできちんと描写をして
驚くのですが、どういう条件の時でしょう?ヘタをすると
かすかにもやのかかったような描写の甘い写りをします。
ずっと使ってきているこのレンズですが、
今イチ、このもやのかかったような描写がどんな時になるのか
つかみ切れていません。


それと周辺光量落ちが目立つレンズです。
これはレンズの性能を語る場合、多くは好ましくないと
されるようですが、私は雰囲気があって好きです。

LEICA MP

このシリーズも今回で終了。
(長かった! 笑)

LEICA MP



LEICA MP

西明寺にて。
境内の木がなぜか紅葉していて妙な気分でした。


LEICA MP


LEICA MP

家族旅行の写真も終わり、ネタも尽きてしまったので
京都旅行シリーズ再開です(笑)。

高山寺にて。

LEICA MP + M-ROKKOR 40mm F2



LEICA MP + M-ROKKOR 40mm F2

先日Canonから新製品の発表があったばかりですが、
今日はNikonからD3とD300の発表がありましたね。
どちらもスペックが(もちろんお値段も!)凄いです。

今までNikonは、Canonの後塵を拝していた感があるので
Nikon好きな私としてはちょっとうれしい(笑)


しかし、最近はすっかり銀塩ばかりでD200も昨日久しぶりに
触ったような状態です。その様なわけで
私には関係ない話ですが、でも贔屓としている
メーカーの主力製品が出るとなると、何だかワクワクしますね。


それはそうと、
D3やD300よりも欲しい銀塩ボディやレンズがあって困ります。
あれでしょ、これでしょ、あ、それも使ってみたいなあ、
ムニャムニャ・・・。

↑完璧に時代に逆行しています(笑)。

これからもこの傾向は続きそうです。



Nikon D200 + AiAF 35mm F2

M-ROKKOR 40mmF2
最近私の元に縁あって嫁いできたレンズで、
非常にコンパクトなレンズです。


「ライツ社とライツミノルタの連名で作られた
 CL用の標準レンズ。レンズ本体の基本設計は
 ライツ社、製造はライツ社とミノルタで
 それぞれ行った。」
(枻出版社 『M型ライカとレンズの図鑑』より)
と、あります。

元々私の物ではないので、お借りしているつもりで
使わせてもらっています。それにしても、
ライカを通して色々な縁ができ、不思議だなぁと
思うと同時に感謝の念を抱かずにはいられない
今日この頃です。


さて、ライカCL用のレンズのため、MPに装着すると
40mm用のフレームがファインダー上に出ません。
しかし、もともとフレーミングについてはアバウトな私のこと(笑)。
気になりません(爆)。

先日近くの神社に出かけ、試写してきました。


LEICA MP + M-ROKKOR 40mm F2


LEICA MP + M-ROKKOR 40mm F2

1枚目などはプリントで見ると非常に綺麗に
写っていて、「おお~っ!」と思いました(笑)。
これから当ブログにこのレンズで撮った写真が
登場するようになるでしょう。


LEICA MP



LEICA MP

山頂へは2本のリフトを乗り継いでいきました。
しかし、1本目で降りて山頂まで歩いていくのも良さそうです。
リフトから見る限り、歩くコースの勾配はなだらかですし、
何より景色を楽しみながらのんびり歩けそうです。

また行ってみたいと思う素晴らしい場所でした。

LEICA MP



LEICA MP


某ファミリーランドでお金を使ったその夜は
車山高原のホテルに1泊しました。
そして次の日は車山高原のリフトに乗り、
美しい景色を楽しみました。

リフトによる空中遊泳(?)は、それはもう気持ちがいい!の
一言です。

旅行中はとても暑い毎日でしたが、
それでも雨に降られるよりはいいですね。
天気に恵まれて良い旅行となりました。
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
taku
性別:
男性
趣味:
写真
自己紹介:
自由気ままに生きたいという願望と趣味の写真を、ブログ名に込めています。日々感じたことや撮った写真を載せています。




無断転載はご遠慮ください。
最新コメント
[12/13 taku]
[12/13 habitat]
[12/13 taku]
[12/13 Y]
[12/07 taku]
忍者ブログ [PR]