忍者ブログ
心に残った日常を一枚の写真に。
[325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CONTAX T2


さて、D200。
買った当初は初めてのデジタル一眼レフだったので
うれしくて使っていましたが、
元からコンパクト好きな私。
段々持って行くことをためらうようになりました。

したがって、
今回、D300が出る前に下取りに出して
かわりにコンパクトな物を、と考えました。
が、結局踏みとどまりました。

<理由その1>
D200はそれでも中級機であり、高級感があります。
それはボディの質感もそうですが、
シャッターのフィーリングもすこぶる良い!
ここで言うフィーリングとは、シャッター音と
シャッターを押したときに指に返ってくる感触の
総合的なことを言います。

まず、シャッター音。
D200は「パシャ」という音です。
ガチョンとか、ガシャといった
濁点のつく音ではなく、歯切れの良い
ある意味角の取れた音です。

そして、シャッターを押したときの感触。
シャッターボタンを押すと、押し返してくる
バネ(?)の感じが非常に心地よい。


実はこういう操作感って、使うたびに
結構気になるもので、気持ちよく撮れるって
大事だよなあと思ったわけです。


理由その2は、明日。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
それ大事ですよね
わかります。
僕もね、最初はそんなの関係ねーって思ってたけど、実際に使ってみると「おれはこの風景を完璧に切り取ったぞ」っていう実感を与えてくれるフィーリングって、道具として大事だと思います。
K100D や S3Pro と並行して、D1、D1H、D2H とフラッグシップ機を使ってきて、それは強く感じます。

よくエレキギターの生音の良しあしなんて、アンプ通したら変わるから関係ない、って言う人がいますけど、そんなこと全然ないですよね。
やっぱり生音やギター自体から体に伝わってくる震動などの感触が良いと、気持が良いから、良いフレーズも出てきます。

シャッター音が良いって、そういうことだと思うのです。
hirobot URL 2007/11/10(Sat)00:42:42 編集
音楽は特に
ああ、音楽は特にそうでしょうね。まさに感性と直結しますから。写真の場合は音楽ほどではないかもしれませんが、でも、気持ちよく撮れれば、撮影にも影響するでしょうね。

さて、さて、D200、どうしたものか・・・(笑)。
taku 2007/11/10(Sat)20:23:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
taku
性別:
男性
趣味:
写真
自己紹介:
自由気ままに生きたいという願望と趣味の写真を、ブログ名に込めています。日々感じたことや撮った写真を載せています。




無断転載はご遠慮ください。
最新コメント
[12/13 taku]
[12/13 habitat]
[12/13 taku]
[12/13 Y]
[12/07 taku]
忍者ブログ [PR]