忍者ブログ
心に残った日常を一枚の写真に。
[354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CONTAX T3


「OECD生徒の学習到達度調査(PISA)」で日本の順位が落ち,
大騒ぎ(?)になっています。
いろいろな理由付けがされていますが,
事はそう単純ではないのでしょうね。
社会的背景などのいろいろな要素が複雑に絡まっての事でしょう。
単純に学校の授業時間数を増加させたところで
順位が上がるとは思えません。



それよりも,家庭の教育力低下の方が深刻で,
そちらの方を何とかしないと日本は崩壊するのではないかとさえ
思える状況が身近にあります。


子供を養育しない親,暴力をふるう親,そういった家庭が
増えています。
そういう家庭の子はほとんどがドロップアウトしてしまいます。
そして親と同じ道を歩みます。



また,昔と違うのは携帯電話の存在です。
携帯電話がさらに困難な状況を生む道具になっています。


家庭や学校をドロップアウトした子供たちが
携帯電話を使って連絡を取り合い,群れをつくります。
友達の友達の友達・・・というように群れが広がり,
一つの地域の中で収まらないようになります。
携帯電話によって広範囲に群れが広がり,
学校や教育委員会ではどこから手を付けていいのか
わからないような状況を生んでいます。

そしてそういった子供たちをヤクザが目を付け,食い物にする。
現に身近な所でそんな状況が展開されているのです。


この事例からわかることの一つに,
親になるということは自分の振るまいが
子供の未来を左右するということ,
そして,
社会を形成する子孫を残す責任を担っている,ということです。





考えるに,他の国と比較して順位が落ちたことに気を取られるよりも,
「人間としての生き方を学ぶ教育」の充実を図ることの方が
大事だと思います。その中の一つに「学習」は含まれるのですから。
決して「学習」がすべてではありません。
日本は順位や,その先にある国際競争力の低下ばかりに
目が向いているように思えてなりません。


私は,人に自慢できるほど人間として素晴らしい生き方をしているとは
決して思いませんが,身近なところで起こっている出来事に
暗い気持ちにならざるを得ません。



日本はどこへ向かっていくのでしょうか。
橋の向こうにはどんな未来が待っているのでしょう・・・?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
学力低下・・・私の老後を支えてくれる若者に少し心配していますが・・・写真が好きです。向こうに見える海が最高です。
matu URL 2007/12/07(Fri)21:39:35 編集
>matu様
matuさん,こんばんは!
うれしいコメントありがとうございます!

この日は,雲がが多かったのですが,独特の雰囲気をつくってくれました。ブロク上にもあるとおり,私は山派なのですが,海も良いなあ!と思った次第です。また違う海の表情を撮りに行きたいと考えています。
taku 2007/12/07(Fri)23:20:06 編集
無題
コメントを書こうとしていたら、taku さんからうちのブログにコメントが!笑

この写真、美しいです。
冷えた空気が肺の中にすうっと入ってくる、あの感触が伝わってきます。
hirobot 2007/12/08(Sat)00:19:42 編集
>hirobot様
hirobotさん,こんばんは!
写真ってそのときの雰囲気が他の人に伝わるとうれしいものですね。
また,想像力をかき立てる写真も良いものですね。
matuさんやhirobotさんに認めていただいてとてもうれしいです!
taku 2007/12/08(Sat)19:37:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
taku
性別:
男性
趣味:
写真
自己紹介:
自由気ままに生きたいという願望と趣味の写真を、ブログ名に込めています。日々感じたことや撮った写真を載せています。




無断転載はご遠慮ください。
最新コメント
[12/13 taku]
[12/13 habitat]
[12/13 taku]
[12/13 Y]
[12/07 taku]
忍者ブログ [PR]